PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひきこもりの国、よんだよ。

印象的だったものいくつか。

・不登校の子はけっして他者を拒絶しているのではない。
自分を辛抱強く受け入れてくれる人や場所、
自分の好きなことを好きなようにさせてくれる人や場所を見つけられないだけなのです。
(P130)
・日本人にとって道徳的に正しいことは、
きょうの日本人の大多数が正しいと考えていることなのです。
ですから、もちろん明日、日本人の大多数の考え方が変わってしまえば、
同じ行為が不道徳で間違ったものとされるでしょう」
――日本人は事の善悪を識別するために、自分の内側でなく、
外側に目を向けなければならないのだ
(P180)

他にも子宮のストライキの章とかで色々メモったけど、
やっぱり初めの方の怒涛のインタビューが効きました。
パペマジで感じるのはそういう感じかな。

西洋人との一番の違いだけども、日本人は表面的にしか外国のものを捉えていないから
物事の本質がわからない。
クリスマスだって恋人ですごし、次の日は何事も無かったかのように仕事に行くとか、
(その元にある文化や宗教を知らないからの問題のとこ)
月に一度ほど休日を設け、強制的に休ませるとか、
(働き過ぎの問題のとこ)
色々「あーそういえば日本しかやってねーな」って思ったりしました。
集団なのに他人を信頼しないとか、アンケート面白かった。
(アメリカ人は他人を信頼するのに50%くらいがハイ、日本人は19%くらいがハイだったというところ)
著者がキリスト教徒だからか視点が宗教で大きかった。
それでも心に絶対的な指針がなく、相対的にしか見られないのは悲しいかな。

中年層の自殺の増加、少子化、ひきこもり、不登校、中高生の「キレ」
全部が全部、つながってた一つの社会現象かもしれないと感じたりしました。
久しぶりに大当たりだった感じ。
外国の人がここまで日本を調べたのは読んだことが無かったので、
視点は面白かったです。

あっ今更思い出したけども
もうフレ切っちゃった某方の従者の名前がウィキペでは毒針という意味ですが
実はあれ間違った記事で、星の本をいくつか読んだところ
統一して針しかありませんでした。
あとはもともとてんびん座と合体していたでかい星座だったってくらいで良いだろうか。
他にも色々誤表現が目立つものがあったけど、
(魔女とか薬とか、その他もろもろの本来の意味合いとか医者との違いとか錬金術のソモソモとか)
私は自分の従者で手いっぱいなのでわりとほっとこーと思った。
昔はわりとそれで話すことも好きだったけど、
楽しければ中身が無くても別にいいのが日本だと感じた_(:3」∠)_

今じゃウィキペディアとか開いて情報だけで満足したりするので
もっと本を読む習慣ができたらいいのになあって思います。

図書館は人生が集まる場所だからそーさきは図書館が好きです。
情報以上に人の生きてきた道に触れることができます。
違う考えを持つ人や、時々対立している考え方を持つ人たちが、
ひっそり同じ棚にとなり同士ならんでいるのを見ると、微笑ましくなります。

今度は何を借りようかな。
あと漫画描くのがんばろう。もうだいぶたまってるウググ
深夜にかくと大抵乱雑な文になりますね。

| 色々感想文 | 01:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。