PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1の部屋続き

まだ完成してないという・・・_(:3」∠)_
こうしてみるとごっちゃりしてるなあ。
竜の椅子で柄作ってたけどドラゴンスピアでも使いたいので椅子作りは中断中です・・・
room_20120817205806.png

4の部屋土台作りの材料が無さすぎてあのままとかいう。
北海道でまた教会見てくるかなあ。教会はもっとも高いところにあるべきであるみたいな中二のお約束があたまのなかでグルグルしてて1階孤児院部屋2階聖堂みたいなイメージだけあります。
その昔建築ルールとして教会より背の高い建物を建ててはいけないというのがあったみたいなのを本で読んだので。宗教ってやっぱ人の考え方だなー。


ポルフィリン症と吸血鬼についてはいくつかきかれたのでめもっとく。

大昔にイギリス?アメリカ?の新聞に載ってたのを読んだだけだけども、
かつてヨーロッパで流行った病気の一つで、現在は治療法っていうか薬があります。
いくつか症状に種類があって、皮膚が弱くなるために鼻の皮膚が硬化して崩れ落ちたり、指がぼろぼろと落ちて犬や猫の足のようになるのが狼男と言われ、異常に日焼けしやすくなって黒くなったり、激しいやけど状態に陥るために日没後しか出歩くことができないだけの方を吸血鬼としたそうですね。(民間療法で動物の血液を飲む方法があった)
外見が醜悪になるため恐れられ、宗教では神に背いたからということで見つかり次第生きたまま焼かれて死んでいったそうです。数は多すぎて書きたくないヾ(:3ノシヾ)ノシ
月の出る夜は人が発見しやすいのだけども、実際月に関係なく日没後に外出をしていたそうで。
吸血鬼や狼男が満月の夜と関係するのはこのため。
また宗教的な理由で殺されるのを恐れて森や地面に穴を掘って隠れたことから、
棺桶で普段寝ていると言ったのができたそうです。
どちらも十字架や宗教を強く恐れているのは、何も悪いことをしていないのに勝手な理由で罪を作られ、
生きたまま見せしめとして火あぶりにされるのが決まっていたからですね。
また銀が苦手なのは、病気の悪化を著しく早めることがあるから。
このような研究をした大学の教授は最後に、宗教こそがモンスターであったと〆に書いていて、
なんだか科学的に見ていくと面白いな~と思った感じです。
吸血鬼伯爵がモデルってだけでどうしてこんな設定になってんだろーって思ってたけど
大体の西洋の妖怪は季節の災害や病気を宗教に結び付けたものなんだなーって感じたりしました。
新聞や本はやっぱり読むと面白いわ(*´ω`*)

まあヴァンパイア夫婦は叩きのめすためにあるけど(*'ω')?

| パペガ・マジカ | 21:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。